夜な夜な黒魔術屋

感想・エッセイ・小説・シナリオ

『苦行』(戯曲風)

(注:未完結) 登場人物 神田 啓(かんだ はじめ) 主人公。K大演劇部部長兼脚本ライター、古典文芸に造詣が深い故に意識が高いとよく皮肉られるが、本人は「あくまでエンタメ志向の書き手なのでとても困っている」とのこと。後輩の面倒見がよく、部員から…

『帰郷』

故郷の梨湘(りそう)に十年ぶりに帰省したのは、お母さんと自分の帰化手続きを済ませるためだった。故郷を離れるために帰郷するという奇妙な体験を、生まれて初めてするのだった。役所の窓口で国籍離脱の書類を提出してから証明書を受け取るまでたったの数…

私なりの『魔女こいにっき』の楽しみ方 その壱

諸君はどんな思いでこの作品を手に取ったか私には知る術がない。新島氏のファンだからかもしれないし、単純に口コミで興味を持ったからかもしれないし、店頭で偶然出会って一目惚れしたなのかもしれない。まあ、いずれにせよどこかしら魅力的に思えるところ…

『もののあはれは彩の頃。』感想

きっかけはこの前『もののあはれは彩の頃。』の聖地巡礼の話を持ち掛けられたことだろうか。いやまあ、話を持ち掛けられたというよりは厚かましくグイグイと食いついたと言った方が正確かもしれないが、ともあれ、約三年ぶりに本作を収納ケースから掘り起こ…

『怨念石』

私が地質学のフィールド調査でベトナム南部にあるダクノン省のとある村を訪れたのは、ちょうど怨念石を崇め奉る毎年恒例の儀式が行われようとしている頃だった。言い伝えによると、あれはベトナム戦争中にアメリカ兵に殺された妊婦の血に染まった呪いの石だ…

『夏夢夜話』のすゝめ

一般向けの世界しか知らなかった頃の自分にとって、ノベルゲームといえばKIDだった。唯心論の軸に埋め込んだ頽廃的な世界観と淡々とした語り口を武器に、どこまでも郷愁を誘う諦念が漂うような、現実と幻想を自由に往来する正反対の性格を兼ね備えた独特なメ…

『火箭 ゆるすまぢ』感想

ロープラで、如何にも地雷臭いタイトルだけど、思いの他かなり濃厚な内容だったので感想を綴ることにした。 恋は古より歌に詠まれし壮大なテーマ。そして同じくらい長らく古今東西の文豪たちが重宝してきた、男女関係にまつわるもう一つのテーマといえば、そ…