夜な夜な黒魔術屋

貪欲、満ち足りぬ

『火箭 ゆるすまぢ』感想

 恋は古より歌に詠まれし壮大なテーマ。そして同じくらい長らく古今東西の文豪たちが重宝してきた男女関係にまつわるもう一つのテーマといえば、それは幸せの絶頂にある者が決して目を向けようとしないが常に「恋」の背後に這い寄る影のような存在である「徒なり」、浮気だ。『蜻蛉日記』のようにひたすら裏切られた妻の怨念を綴る名著もあれば、『ボヴァリー夫人』のように逆に夫の方が裏切られるパターンもある。『火箭』は色んな意味で後者を彷彿させる作品だった。もちろん、両者の主題と背景設定は大きくかけ離れてはいるものの(例えばボヴァリー夫人は夫に幻滅しているが、『火箭』のヒロイン美里はむしろ夫に深い愛情を注いでる方)、勝手に間男に夢を見て勝手に破滅の道を歩むロマンチストの妻と、真面目でつまらぬ器の小さい夫の構図は極めて相似と言ってもいいだろう。

 シナリオに関しておおむね物語の行方には納得しているので、特にいちゃもんをつけたいところはないが、浮気妻を許すエンドがないのは少し寂しいと感じる。しかし先程も申し上げたように、夫は器の小さい人間なのである意味ではこうなるのも仕方あるまい。マチルエンドなら夫の行動をユーザーが決める感じにしてほしかったのは本音だけどね。以下はネタバレ前提の長文感想。

 

浮気を許せるかの問い掛けにユーザーが答えるのは良いものの結局主人公は許せなかったから選択肢が無駄に感じる

f:id:sirakumo_jabberwocky:20200327162708p:plain

 

 証拠写真を見せるところを除けば唯一の選択肢だったのに、どれを選んでも結局主人公は妻のことを許せることなく離婚を強いる。最初はなるほど同じような選択肢何回も出てくる二三回許せるかも選んだらハッピーエンドで許せない選んだ時点で脱落のパターンかなって思ったら一回しか出て来なかった。まあ「浮気妻にざまぁwするADV」と宣伝してる以上そのコンセプトを最後まで貫くぜという意志がすごく伝わったけど、結局同じ流れなのに結末だけが変わるってそれ必然性なくね?と突っ込みたくなる。許せるかもしれない選んだら妻は離婚後に間男に縋り付くようになり、絶対に許せない選んだら妻は離婚後に間男にも捨てられ風俗堕ちする。そして特定の証拠写真を見せたらなぜか主人公に性的に依存してしまう始末。いやそういう意味の許す許さないだったのかよって正直思った。

 

浮気(不倫)は罪、されど罪を問うか否かは人間次第というメッセージを込めた悲劇に見せかける喜劇

 最初こそ浮気シーンは全て主人公の妄想でしかなかったしカメラのアングルがおかしかったので探偵に騙されているのではないかと思ったが、正真正銘の浮気だった。間男視点の写真どうやって手に入れたか最後まで説明しなかったし、探偵と間男がグルなのではと匂わせるようなシーンもあったが、結局はっきりしなかった。というのも、探偵はどっちかと言えばむしろ主人公に対して妻を許すように諭しているようにすら見える。あくまで私の妄想だが、上の決定で間男の仕事依頼を断り切れず仕方なく協力しているが、本当は主人公を助けたかったというパターンもあり得るんじゃないかと思う。まあ物語の展開が気になって仕方なくてエロシーンは飛ばし読みしてたから何か見落とした部分があるかもしれないが。あくまで「主人公と浮気妻の物語」であって、「浮気に気づいた後どうする」という内容に重みを置くので探偵の正体なんてどうでもいいよという作者のスタンスに感心した。私も正直探偵の正体に興味がない。グルだったとしても主人公が妻を許せば全てが丸く収まっていたし、離婚の引き金になり得たとしても理由にはならない。

  さて、何度も言うが浮気・不倫は間違いなく悪いことだ。寂しかったから、理想と違ったから、構ってくれなかったから、幻滅したからといって浮気・不倫していい理由にはならない。妻は妻としての責任をちゃんと果たすべき、それが結婚という縛りだ。結婚は恋愛の墓場とよく言われるのもそれが所以だ。契りを結んだ男女は、その契りを合意の上で取り消さない限り、浮気する方に百理千理があっても法律的には許されない。そう、法律的には。つまり、一人の人間として、浮気という過ちを犯した罪人を許してもいいのではないかと私は思う。赤の他人は別に良いけど、身近の人に裏切られると嫌な気分になるんだとそこのキミは言うかもしれない。確かに愛が深いほど傷つきやすいーーそう言いたい気持ちはとてもわかるが、私には賛同できかねる。赤の他人さえ許せるのに、最愛の人は許せないというのか。いやはや人間っておかしな生き物だなとつくづく思うのだ。もちろん、考え方は人それぞれだけど。

 

f:id:sirakumo_jabberwocky:20200327180355p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20200327180637p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20200327182048p:plain

 

 ここを読んだとき、この人は私の同類かもしれないなと思った。罪人の気持ちは罪を一度犯してみないとわからないかもしれない、おおむね正論だと思う。「いや、私はそんな奴らの気持ちを知りたくない」と言うとそこまでだが、それを決めるのはご自身で宜しい。罪という名の社会的産物はたいそう理性的だが、人間は感情的な生き物でもあるから、許すという択も無きにしもあらず、というメッセージが探偵巨之介の言葉に込められているように思われる。面白いことに、巨之介がその結論に至るまでの思考回路は私と真っ逆だった。というのも、私は愛こそが許しの感情を生み出すと考えているが、巨之介はむしろ愛という仮面を脱ぎ捨て、愛する人を赤の他人として見ることで初めて心が穏やかでいられると主張している(ように聞こえる)。ああ結論を決めるのは思考過程という名の作業そのものではもなく、「カメラのアングル」なんだと改めて思った(思考が大事なのは変わらないが)。

 だからこそ、私にはこの夫婦の物語は悲劇ではなく、むしろ喜劇のようにさえ見えるのだ。これこそ『サルテ』(前の記事参照)が華麗な手法を大量に使ってまで追い求めた「滑稽さ」かもしれない。なし崩しに浮気にハマっていく罪人の妻を、正義感の強い夫が「裁こう」とするも、自分が常に罪人を裁きたがる性格こそが妻を浮気するまでに追い詰めた原罪そのものだという事実に最後まで気付かなかった。結局この夫は「浮気は悪、絶対許せない」というアングルでしか物事を見ることができなかった。

 

f:id:sirakumo_jabberwocky:20200327190359p:plain

 

 もちろん夫は浮気してない。ただこそこそ妻の浮気を調べ、彼女を裁くための証拠を揃えようとしただけだ。しかし皮肉なことに、それが浮気しているように見えてしまい、かえって妻を寂しくさせ、彼女の浮気を後押しする形になってしまった。愛する人に対して疑心暗鬼になるもんじゃないという生々しい教訓だ。

 

f:id:sirakumo_jabberwocky:20200327183930p:plain

 

 間男が言い訳を用意してくれるのはあいつが人妻を落とすための手口だろうからお前が言うのかよって突っ込みたくなるかもしれないが、間違いなく正論だ。妻が夫に求めているものなんて、「どんな自分でも構わずに愛してくれる」こと以外何があるというのか。いや、夫婦に限らず家族も正にそういうものじゃないか。罪を咎められるとしてもせめて最後まで家族にだけでも自分のことを庇って欲しいものだ。

 

f:id:sirakumo_jabberwocky:20200327194120p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20200327193854p:plain

 

 一方、夫はどんな男かというと、妻の浮気証拠を見つけないうちにおどおどしていたくせに、いざ証拠を掴めたらやたらと強気で、しかもどう見ても被害妄想気味だ。もちろん間男も間男で、一人称視点の記述がないだけで、おそらくどうやってこの胸でかい女を落とすかみたいな、大して良からぬ卑猥な事をずっと考えているだろうが、少なくともちゃんと自分のことを見てくれているし、自分の苦い気持ちを、建前上だけでもわかってくれている。それだけじゃないーー幸か不幸か、よりによって彼女はロマンチックで夢見がちな女だ。自分に夢を見せてくれる男に欲望をぶつけられるよりも共に未来を築こうと心に決めた人に否定される方がおそらくずっと辛いだろう。無罪とまでは言わないが、こんな赤裸々に現実を突きつけられたら、自分が騙されていると知ってても、心が言うこと聞かず間男に縋りたくなるのも納得だ。ああ馬鹿で哀れで貞操のない言い訳ばかりの女だと思いつつもついに同情してしまうのだ。

 

f:id:sirakumo_jabberwocky:20200327193648p:plain

 

 そんな夫でも、一時的にとは言え、もしかして幸せを壊そうとしているのは妻じゃなくて自分の方だったのでは、と考えていた。いや、そもそも妻の金銭感覚がおかしいからって何も言わずに生活費を減らす時点で、夫としてどうなのって思うのよ。せめて相談してからでも遅くないし、何なら将来を共に過ごす相手ならこれぐらいは指摘してあげてほしかった。それが見事に妻の浮気に土台を作ったのはこの上なく滑稽な事だ。

 

f:id:sirakumo_jabberwocky:20200327200242p:plain

 

 しかし結局、彼は妻の罪を許せるほどの器ではなかった。辛い涙を流したとの記述もあるが、そこまでしても浮気妻に復讐したかった彼の最後シーンで残した言動に狂気さえ感じた。決して彼の決断を咎めたいというわけではない。これはこれで、正しい選択だったかもしれない。一度浮気した人は、いつかまた犯してもしまうかもしれない。しかしこれこそが妻との決定的なすれ違いだということに、彼はとうとう気付くことができなかった。おそらく相性よくなかったのは身体だけではなく、性格もそうだろうな。その上どっちも頑として自分を変えようとせず、一方的に自分の主張を押し通そうとする。相手と全く相談しないくせに(夫が生活費を減らすのも然り、妻が自分の性癖を隠すのも然り)、ギクシャクしたらすぐヤケクソになる。それは離婚しちゃうよねって言いたくなる。夫婦の悪い手本を見せられた感じ。「愛すること、許すこと、忘れることは人生の三つの試練である」というスウェーデンの諺があるが、本当にその通りだなと思う。二人はこの試練を超えられなかった。

 

まとめ

 「浮気妻にざまぁwする」の「w」が前から気になっていたから、ざまぁみろというのはドヤ顔のクズ主人公の勝手な思い込みかもしれないなぁーなんて発売前から妄想していた。これは私の予想というよりは、こんな風になってくれたらいいなという期待を込めての発言だった。結局主人公がクズなのかどうかは完全に読み手の見方次第だが、これはこれで大満足だ。本当にただ浮気妻をしばくだけのゲームなんじゃないかと一時的に心配していたが、この一番ダメなパターンを回避出来てよかった。やや短いのが気になるところだが(エロシーンは飛ばし読みしてたので)、全体的に3000円台のロープラとは思えないほどの上出来だった。個人的に割と美里のような性格の女性が好きで(浮気性で夢見がち)、レビューでも主人公(夫)の方をメインに批判しているが、彼女は決して「ただの被害者」ではないことはご了承頂きたい。確かに主人公は夫として失格だが、不倫の件に関しては全面的に彼女が悪い。しかし人間として夫と妻のどっちのほうが好きかと聞かれると、私は迷わず妻の方だと答えるだろう。いい意味でも悪い意味でも世俗的で人間臭いけど、時折純粋な少女の一面を無意識的にチラッと見せる、そんな彼女がとても好きだ。

 

評価

・シナリオ(ほぼ一本道なのでルートごとの評価はなし):26/35点

・キャラ(31/35点):

   *夫:14/17.5点

   *妻:17/17.5点

・音楽&ボイス:12/15点

・絵&演出:14/15点

・合計:83/100点

 

【追記 2020/3/29】

ツイッター、批評空間に投稿された感想をほぼ全部読ませていただいたが、だいたい妻を叩いているのは意外だった。流石に妻のために(?)不平を鳴らしたくなったので批評空間のアカウントを作ってコメントを残した。よかったらそちらも読んでくれれば嬉しい。

リンク↓

erogamescape.dyndns.org