夜な夜な黒魔術屋

貪欲、満ち足りぬ

『White Blue』感想

 Blueシリーズの新作で、Lilim20周年作品『White Blue』。周年作品というのもあって、実に大変Blueらしい内容に仕上がっている。勝利ルートと敗北ルートがそれぞれ用意されており、複数の男性による一人(二人)の女性の奪い合いという構図から、サブヒロインの役割まで完璧なBlue。シナリオライターが同じ方なので所々前作の『Dearest Blue』を彷彿させるのも納得。このシリーズの読者が望んでいるシチュエーションをしっかりと把握しながら、その「定番」の中にきちんとテキストの魂を注入し、個性をよく魅せた良作。

 以下、ルートごとに私の感想を述べる(ネタバレあり)。

 

久米ルート

 久米のひばりに対する歪んだ愛情と執念を丁寧に描いたルート。しかし、ストーリーはやや雑。どちらかと言えば、ひばりルートのための伏線ルートという位置づけだろう。そういう意味では決して悪くはないけどれ、ルート単体ではやや評価しづらいところがある。もちろん、見どころがないというわけではない。例えば、自暴自棄になってヒロインと心中しようとした久米が、ヒロインの「孕んだあなたの子供は殺したくない(孕んでないけど)」というあからさまなウソをあっさりと信じてしまったところは久米という人間の複雑さを垣間見る名シーンだと思う。下劣なストーカー行為を繰り返してきた彼は、決しておめでたいやつではないが、それでもやはり心のどこかにこういう善良な一面(隙とも言える)がある。人間とは決して一つの顔だけの存在ではないという今作のテーマをよく表現できた一つのエピソードでもある。か弱い体つきしているというのに主人公たちに復讐(完全にこいつが悪いけど)するだけのために、指名手配されて生ゴミしか食えるものがない日々さえ我慢に我慢を重ねる浮浪者の生活を長い間過ごしてきたと考えるとゾッとしてしまう。一人の女のために、ここまで狂えるとは。人間って怖いんだなー。なんちゃって。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923122017j:plain

 そんなキモい発言してるからモテないのでは?Blueは乙女ゲーってよく言われるけどこんな攻略対象はちょっと…(笑)いや褒めているわ。

 

石神ルート

  久米ルートに続いて伏線ルート。脱落式の選択肢で、久米・石神・旭三人の関係もあって、どうしても途中で脱落したルートは物語の犠牲になる。にしてもこのルートは何から何まで普通すぎる王道寝取られ。エロさこそあるものの、いかんせんシナリオのハイライトが少ない。まあ旭ルートを読めば、そもそも石神は駒にすぎないことがわかってくるんで、モブキャラ扱いされてもある意味では仕方ない。イケメンでやり捨て浮気しまくる最低なクズだからこそ、その分だけ期待を裏切られた薄い内容が残念に思う。複雑な人間性というテーマに沿って、石神という人間が持つ複雑な側面をもっと掘り下げればよかったのに。実に惜しい。

 

旭ルート

 Blueシリーズのお家芸、恋敵にヒロインを心から落とされる完全敗北ルート。ただし今回はイケメンではなくジジイが恋敵だという残酷な事実。おいひばり、お前正気か?いくらあいつが優しいからって(いや全く優しくないが)こんな金と権力にどっぷり浸かるクソジジイに媚びて本当にいいのかよ。なんて思ったりした。決して年齢で差別してるわけではないけど、主人公の浮気現場を目撃しただけで自暴自棄になってジジイに泣きついて股まで開くのは流石にちょっと頭が心配だわ。傷心なのはわかるけど。ただ逆にそこにさえ目を瞑ればかなりの上出来。まんまとハメられた主人公の無能さに引き立てられ、旭に吹き込まれた歪んだ価値観によって性格を少しずつ変えられていくヒロインたちの姿がひたすらかわいそうに見える。こんな闇深い職場に就職しなかったらきっといい男見つけて幸せになっていたのに。まさにアンジェリアが言ったように、こんな金と権力しか頭にないやばいやつに目をつけられたのが運の尽きだ。まあ当のアンジェリアは結局なんだかんだ言ってジジイに影響されてこんなこと言い出した始末だが。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923155554p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923155424p:plain

 なーにが飼われることで見える景色だ、なーにがお金とか権力とか人間の度量が上回ってただけだ。なんて不平を鳴らしたくなるけど、よく考えたらこれもアンジェリアの優しさかもしれない。二度と自分たちみたいな汚れた女に近づかないようにも、彼の心を踏みにじらないといけない、という意志だ。まあ彼女の価値観は幾らかお金と権力に汚染されつつあることには間違いはないだろうが、それでも心のどこかに純粋だった頃の自分がいるように感じられる。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923160237p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923160351p:plain 

 ちゃんと自覚はあるようだ。私がこんな風になったのは君のせいだよって主人公にあれほど暴言を吐いたのも半ば自棄みたいなもんだろう。一部はおそらく本音でもあるだろうけど。しかし、これは紛れもなく彼女が相変わらず主人公を想っている証拠だ。いくら大人の汚い価値観を吹き込まれても、自分の純真な気持ちにだけはウソをつきたくなかっただろう。「何もかもみーんな上手く収まる」という嘲笑半分の慰めにならない慰め言葉にすら、彼女の主人公に対する期待の気持ちが込められているように聞こえる。何もかも皆上手く収まるはずがない。しかしここでの悪夢がすべて終わったら、彼はきっとまた立ち直って新しい生活を始められる。たとえ自分が彼に寄り添えなくても。彼女は密かにそう期待しているかもしれない。人生とはそういうものだ。あれほど自分を苦しめていた悲劇を乗り越えて再び振り返ってみたら、ウソのように何一つ苦痛を感じなくなった。まるで何もかもが、はじめから上手く収まっていたかのように。これこそがアンジェリアが伝えようとしたメッセージかもしれない。うーん、やっぱりアンジェリアは大人の女性だわ。好き。

 あのとき、もしアンジェリアに半ば自棄の口調で真実を告げられた主人公が勇気を絞り出して、「目を覚ませ、おまえはそういう女じゃない」「責任を取るからあなたを最後まで守る」なんて言えたら、もしかしたらまだ挽回のチャンスがあったかもしれない。アンジェリアも彼のその言葉を待っていたかもしれない。そう考えると本当に何もかもがほんの少しだけのすれ違いで、切ない気持ちになる。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923170111p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923171124p:plain

 主人公が車に轢かれた(車に轢かれすぎるのはご愛嬌)と聞いて、強がっていたひばりがもやもやした気持ちになる。このときの彼女はきっとアンジェリアと同じ心情だろう。大人の世界の色に染まり、心が汚れつつあっても、やはり密かに主人公を想っている自分がいる。主人公への感情は幼さ故の衝動ではないかという旭の巧みな話術に誘導された彼女の思考がようやく覚めかけている。しかしそれに気づくのはあまりにも遅い。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923173648p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923173734p:plain

 動揺しはじめた彼女の心にとどめを刺した言葉。旭はこれまでにたくさんの歪んだ大人の価値観をひばりに吹き込んできたが、こればかりは彼に一理があると認めざるを得ない。感情というものは実に儚い。ふと気づいたときにすでに元の軌道から離れていた。それは機械ならば何らかのプログラムによって戻せるだろうが、人間の場合はそううまく行かない。たとえその方向を狂わせたのは偽りの何かだとしても、失ったときめきはもはや取り戻せない。一から関係を築き直すか、切り捨てるしかない。

 しかし、純粋だった頃の真摯な思いが消えたところで、もどかしさと切なさだけはいつまで経っても残ったままだろう。あの人に申し訳ない、あの人のことを思うとちょっと哀しくなる、哀切という名の淡い淡い感情が、心の奥に潜んでいる。

あの頃になんて戻れないし、戻りたくもない。

ご主人様の口からこぼれ落ちた蜜の味に触れ、すっかり味をしめてしまった卑しい飼い犬なの。

でも本当なのよ?私、今でもあなたのことばかり考えているの。

私の初恋の人。

あなたは私の全てだったから。

 ひばりの最後の独白。お金と権力のために男に媚びることを身につけた彼女だが、相変わらず度々主人公を思い出す。しかし、もう戻れないし、戻りたくもない。子供の無邪気な遊びを見て切ない気持ちになる大人たちは、決して子供に戻ったら幸せになれるわけではない。ただ遥かなる彼方のどこかに消えてしまったかつての自分の面影を重ねて、嘆くのみ。そうとも、戻ったところで、すっかり童心を忘れた自分たちには到底子供の遊びを楽しめるとは思えない。恋愛も然り。無邪気だった頃の自分の恋にどんなに懐かしく感じても、世俗的な思考に慣れきった今頃の自分には到底楽しめないだろうという、ひばりの矛盾した心情が透けて見える一節。

 

アンジェリアルート

 アンジェリアのドス黒い一面が見られるルート。主人公に負い目を感じさせ、一生浮気できないように縛るために、最悪なレ◯プ魔石神と協力して一芝居打つ。嫉妬に狂い、独占欲が暴走したアンジェリアが恐ろしいほど可愛い。それに尽きる素晴らしさ。

 

ひばりルート

 主人公に全幅の信頼を置いたアンジェリアが隙を見せてくれないため、懐柔策を諦め、直々にひばりを落としに行く旭。しかしひばりと主人公を拘束したのはいいものの、ひばりにぞっこんな久米を逃したせいで、犯行が警察にバレてしまう始末。 

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923192326p:plain

 トゥルーエンドにしては短いが(フルプラじゃないから仕方ない)、ぴりっとした文章が連なる。例えばここでは、悪の限りを尽くした旭の嘆き声が、妙に人間味があると書く。少し前に石神の件についても、少し彼のことがかわいそうに思ってきたという主人公の独白が見られる。どんな悪魔的な心の持ち主でも、やはり人間的なか弱い一面がある。そして彼らのことを鬼畜だと罵る我々の中でも、同じく人間である彼らの哀れな行く末を目の当たりにしていると、僅かばかりとはいえやはり惻隠の情を催す。人間は自分が思っているより複雑な思いを抱えている。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923193548p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923193708p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923195646p:plain

 ひばりにストーカー行為を繰り返してきた証拠を突き止められ、弱みを主人公に握られて退職まで追い込まれるも、最後の最後に想いに殉じて自分を陥れた主人公たちを助ける久米。自分のルートではひばりに冷たく接されただけで気の狂った殺人魔に変貌していたというのに、ここでは大人しく「もう二度と会わない」と主人公に誓う。人間というのは、ネジが一つ外れただけで簡単に狂わされるか弱い生き物だ。最初に主人公がひばりを襲おうとしたのも、それに似たような灰色な感情に圧倒されたからだろう。しかし久米と違って、彼はすばやく冷静を取り戻した。それだけの僅差。『山月記』にも書いてあるように、人間は誰もが猛獣使で、心の中の猛獣を飼い太らせると果てに自分も魔物になる。そして全編を読み通して辿り着いたこのフィナーレで読者たちはようやく、これは優しくて単純な主人公が想い人を守る物語ではなく、女に飢えたケダモノたちのアリーナだと気づく。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923202200p:plain

 画竜点睛の一句。圧巻。

 

まとめ

 フルプラなら粗な部分をもっと研ぎ澄ませたかもしれない。しかし限られたテキストの中で一部のキャラの魅力をほぼ最大限に引き出せたところはもっと評価されるべき。Blueの次回作もぜひ高嶋沙樹氏に執筆してほしいな。楽しみだ。

 

評価

・シナリオ(28.25/35点):

   *久米ルート:5/7点

   *石神ルート:4.25/7点

   *旭ルート:6.5/7点

   *アンジェリアルート:6/7点

   *ひばりルート:6.5/7点

・キャラ(30.5/35点):

   *清瀬 京太(主人公):4.25/5点

   *植草 ひばり:4.75/6点

   *伏見 アンジェリア:6/6点

   *久米 憲人:5.75/6点

   *石神 裕也:4.5/6点

   *旭 泰平:5.25/6点

・音楽&ボイス:12.75/15点

・絵&演出:14/15点

・合計:85.5/100点