夜な夜な黒魔術屋

感想・エッセイ・小説

『White Blue』感想

 Blueシリーズの新作で、Lilim20周年記念作『White Blue』。周年記念作だけあって、勝利ルートと敗北ルートがそれぞれ用意されており、複数の男性による一人(二人)の女性の奪い合いという構図から、サブヒロインの役割まで実に大変「Blue」らしい物語に仕上がっている。同じく高嶋沙樹氏が手掛けた前作『Dearest Blue』と併せて、「純愛ダーク乙女ゲー」と呼ぶにふさわしい二作だと個人的に思う。

 以下、ルートごとに感想を述べる(ネタバレあり)。

 

久米ルート

 ひばりに対する久米の歪んだ愛情と執念を丁寧に描いたルート。自暴自棄になってひばりと心中しようとする久米だが、恐怖に慄くひばりの「孕んだあなたの子供は殺したくない」というあからさまなウソをあっさりと信じてしまう。愛する女に騙されていると分かっていながらもついに疑うことができなかったこの悪役らしからぬちょろさ、まさに久米というキャラの複雑さを物語っている。下劣なストーカー行為を繰り返す彼にもやはり人間らしい一面がある。人間とは決して一つの顔だけの存在ではないという今作のテーマをよく表現できた一つのエピソードである。こんな人が主人公たちに復讐するために、指名手配されながらも、生ゴミを食べる日々を長い間過ごしてきたと考えるとゾッとしてしまう。女のために、ここまで狂えるとは。人間って怖いんだなー。なんちゃって。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923122017j:plain

 平気で初対面の人にこんなこと言うからモテないんだよ久米くん。

 

石神ルート

  久米ルートに続いて伏線ルート。脱落式のシナリオというのもあって、この時点で久米・石神・旭三人の関係および事件の真相を見抜いた人もいるのではないか。ハイライトが極めて少ないイケメンで浮気しまくる最低なゴミクズなのはなんとなくわかっていたが、掘り下げが少し物足りなかった。個人的に久米ルートの方が好きかな。

 

旭ルート

 Blueシリーズのお家芸、恋敵に完全敗北ルート。ただし今回の恋敵はイケメンではなくジジイだという。いや、失恋しただけでジジイに泣きついて体まで許しちゃうのは流石にちょっと頭が心配だけど、結局人間って生き物はたいそう理性的に振る舞うのに、要所要所で短絡的なんだよね。

 まんまとハメられた主人公の無能さに引き立てられ、旭に吹き込まれた歪んだ価値観によって性格を少しずつ変えられていくヒロインたちの姿に胸がつぶれそうになる。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923155554p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923155424p:plain

 なーにが飼われることで見える景色だ、なーにがお金とか権力とか人間の度量が上回ってただけだ、なんて不平を鳴らしたくなるけど、よくよく考えたらこれもアンジェリアの優しさなのかもしれない。二度と自分たちみたいな女に近づかないためにも主人公の心を踏みにじらないといけない、という意志の表れとも捉えられるのではないか。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923160237p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923160351p:plain 

 ちゃんと自覚はあるようだね。こんな風になったのは全部君のせいだって主人公にあれほど暴言を吐いたのも自棄になってたせいだろうか。一部はおそらく本音でもあるが。「何もかもみーんな上手く収まる」という嘲笑半分の、何の慰めにもならない言葉にすら、彼女が主人公に対する期待の気持ちが込められているように聞こえる。何もかも皆上手く収まるはずがない。しかしここでの悪夢がすべて終わったら、彼はきっとまた立ち直って新しい生活を始められる。たとえ自分が彼に寄り添えなくとも。彼女は密かにそう期待しているのかもしれない。人生とはそういうものだ。あれほど自分を苦しめていた悲劇を乗り越えて再び振り返ってみたら、ウソのように何一つ苦痛を感じなくなっちゃう。まるで何もかもが、はじめから上手く収まっていたかのように。これこそがアンジェリアが伝えようとしたメッセージなのかもしれない。うーん、やっぱりアンジェリアは大人の女性だわ。好き。

 もし主人公が勇気を絞り出してアンジェリアに告白することができたら、まだ挽回するチャンスがあったのかもしれない。アンジェリアもまた彼のその言葉を待っていたのかもしれない。そう考えると本当に何もかもがほんの少しだけのすれ違いで、切ない気持ちになる。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923170111p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923171124p:plain

 このルートの最後では、主人公が車に轢かれて意識不明の重体になった(車に轢かれすぎるのはご愛嬌)と聞いて、強がっていたひばりがもやもやした気持ちになる。大人になって、物欲の世界の色に染まりつつも、やはり心のどこかで密かに主人公を想っている自分がいる。主人公への感情は幼さ故の衝動ではないかという旭の巧みな話術に誘導されていた彼女の思考が、ここにてようやく目覚め始める。しかし気づくのはあまりにも遅すぎる。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923173648p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923173734p:plain

 非常に共感しづらい人物で、世の中を舐めきったような妄言も多かったけれど、こればかりは一理があると認めざるを得ない。感情というものは実に儚い。ふと気づいたときにすでに元の軌道から離れていた。それは機械ならば何らかのプログラムによって戻せるだろうが、人間の場合はそううまく行かない。たとえその方向を狂わせたのは偽りの何かだとしても、失ったときめきはもはや取り戻せない。一から関係を築き直すか、切り捨てるしかない。

 しかし、純粋だった頃の思いが消えたところで、もどかしさと切なさだけはいつまで経っても残るだろう。あの人にちょっと申し訳ない、あの人のことを思うとちょっと哀しくなる、「哀切」という名の淡い感情が、心の奥に潜んでいる。

あの頃になんて戻れないし、戻りたくもない。

ご主人様の口からこぼれ落ちた蜜の味に触れ、すっかり味をしめてしまった卑しい飼い犬なの。

でも本当なのよ?私、今でもあなたのことばかり考えているの。

私の初恋の人。

あなたは私の全てだったから。

 ひばりの最後の独白。金と権力のために男に媚びることに味を占めた彼女だが、相変わらず度々主人公を思い出す。しかし、もう戻れないし、戻りたくもない。子供の無邪気な遊びを見て切ない気持ちになる大人たちは、決して子供に戻れば幸せになれるわけではない。ただ遥かなる彼方に消えていくかつての自分の面影を重ねて、嘆くのみ。そうとも、戻ったところで、すっかり童心を忘れた自分たちには到底子供の遊びを楽しめるとは思えない。恋愛も然り。無邪気だった頃の自分の恋にどれだけ懐かしさを感じても、世俗的な思考に慣れきった今頃の自分には到底楽しめないだろうという、ひばりの矛盾した心情が透けて見える一節だと言える。

 

アンジェリアルート

 天使のように優しいアンジェリアのドス黒い一面が見られるルート。主人公に負い目を感じさせ、一生逃げられないように縛るために、最凶ゴミクズ石神と協力して一芝居打つことに。嫉妬に狂い、独占欲が暴走したアンジェリアが恐ろしいほど可愛い。それに尽きる素晴らしさ。

 

ひばりルート

 主人公に全幅の信頼を置いたアンジェリアが隙を見せてくれないので、懐柔策を諦め、直々にひばりを拘束しに行く旭。しかしひばりと主人公を捕まえたのはいいものの、ひばりにぞっこんな久米を逃したせいで、犯行が警察にバレてしまう始末。 

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923192326p:plain

 トゥルーエンドにしては短いが、ぴりっと引き締まった文章が連なる。例えばここでは、悪の限りを尽くした旭の嘆き声が、妙に人間味があると書く。少し前に石神の件についても、少し彼のことがかわいそうに思えてきたという主人公の独白が見られる。どんな悪魔的な心の持ち主でも、やはり人間的なか弱い一面がある。そして彼らのことを鬼畜だと罵る我々の中でも、同じく人間である彼らの哀れな行く末を目の当たりにしていると、僅かばかりとはいえやはり惻隠の情を催す。人間は自分が思っているより遥かに複雑な思いを抱えている。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923193548p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923193708p:plain

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923195646p:plain

 ひばりにストーカー行為を繰り返してきた証拠を突き止められ、弱みを主人公に握られて退職まで追い込まれるも、最後の最後に想いに殉じて自分を陥れた主人公たちを助ける久米。自分のルートではひばりに冷たく接されるだけで気の狂った殺人魔に変貌するというのに、ここでは大人しく「もう二度と会わない」と主人公に誓う。人間というのは、ネジが一つ外れただけで簡単に狂わされるか弱い生き物だ。最初に主人公がひばりを襲おうとしたのも、それに似たような灰色な感情に圧倒されたからに違いなかろう。しかし久米と違って、彼はすばやく冷静を取り戻した。それだけの僅差だ。『山月記』にも書いてあるように、人間は誰もが猛獣使で、心の中の猛獣を飼い太らせると果てに自分も魔物になる。そして全編を読み通して辿り着いたこのフィナーレで読者たちはようやく、これは優しくて単純な主人公が想い人を守る物語ではなく、女に飢えたケダモノたちのアリーナだと気づく。

f:id:sirakumo_jabberwocky:20190923202200p:plain

 画竜点睛。圧巻。あっぱれ。

 

まとめ

 周年記念作なのにフルプラじゃない!雑!と批判する声が多いが、限られたテキストの中でキャラの魅力をほぼ最大限に引き出せたところはもっと評価されるべきではないかと個人的に思う一作だった。

 

評価

(あくまで個人的な好みを点数化したもので、良し悪しの評価ではない)

・シナリオ(30/35点):

   *久米ルート:5.75/7点

   *石神ルート:5/7点

   *旭ルート:6.25/7点

   *アンジェリアルート:6.5/7点

   *ひばりルート:6.5/7点

・キャラ(28.5/35点):

   *清瀬 京太(主人公):3/5点

   *植草 ひばり:4.75/6点

   *伏見 アンジェリア:6/6点

   *久米 憲人:5.75/6点

   *石神 裕也:4/6点

   *旭 泰平:5/6点

・音楽・ボイス:12.5/15点

・絵:14/15点

・合計:85/100点