夜な夜な黒魔術屋

華やかなことは書けない

小説

『帰郷』

故郷の梨湘に十年ぶりに帰省したのは、母親と自分の帰化手続きを済ませるためだった。故郷を離れるために帰郷するという奇妙な体験を、生まれて初めてするのだった。役所は閑散としている。窓口で国籍離脱の届出をして、証明書を受け取る。呼び出し番号が大…

『怨念石』

私が地質学のフィールド調査でベトナム南部にあるダクノン省のとある村を訪れたのは、ちょうど怨念石を崇め奉る毎年恒例の儀式が行われようとしている頃だった。言い伝えによると、あれはベトナム戦争中にアメリカ兵に殺された妊婦の血に染まった呪いの石だ…