夜な夜な黒魔術屋

華やかなことは書けない

『苦行』

(注:未完結) 登場人物 神田 啓(かんだ はじめ) 主人公。K大演劇部部長兼脚本ライター、古典文芸に造詣が深い故に意識が高いとよく皮肉られるが、本人は「あくまでエンタメ志向の書き手なのでとても困っている」とのこと。後輩の面倒見がよく、部員から…

『帰郷』

故郷の梨湘に十年ぶりに帰省したのは、母親と自分の帰化手続きを済ませるためだった。故郷を離れるために帰郷するという奇妙な体験を、生まれて初めてするのだった。役所は閑散としている。窓口で国籍離脱の届出をして、証明書を受け取る。呼び出し番号が大…

私なりの『魔女こいにっき』の楽しみ方 その壱

諸君はどんな思いでこの作品を手に取ったか私には知る術がない。新島氏のファンだからかもしれないし、単純に口コミで興味を持ったからかもしれないし、店頭で偶然出会って一目惚れしたなのかもしれない。まあ、いずれにせよどこかしら魅力的に思えるところ…

『もののあはれは彩の頃。』感想

京都に馴染んできた今頃、約三年ぶりに本作を収納ケースから掘り起こした。冬茜トム氏の作品は本作とアメグレしかプレイしていないのでもとよりこういう作風だったかは定かではないが、ずばりと要点を突くような会話文に、三人称の語り手がどこまでも冷静な…

『怨念石』

私が地質学のフィールド調査でベトナム南部にあるダクノン省のとある村を訪れたのは、ちょうど怨念石を崇め奉る毎年恒例の儀式が行われようとしている頃だった。言い伝えによると、あれはベトナム戦争中にアメリカ兵に殺された妊婦の血に染まった呪いの石だ…

『夏夢夜話』のすゝめ

KIDといえば、唯心論を軸に展開した頽廃的な世界観と淡々とした語り口を武器にして、どこまでも郷愁を誘う諦念が漂うような、現実と幻想を自由に往来する道楽精神をお持ちのメーカーさん、というイメージがあった。まあ、自分の中ではKIDを過大評価している…

『火箭 ゆるすまぢ』感想

恋は古より歌に詠まれし壮大なテーマ。そして同じくらい長らく古今東西の文豪たちによって多く扱われてきた男女関係にまつわるもう一つの題材といえば、それは幸せの絶頂にある者が決して目を向けようとしないが、常に「恋」の背後に這い寄る影なる存在であ…

『サルテ』感想

良く出来た古典的な背景設定に華麗なギミックを詰め込んだソワレのデビュー作、『サルテ』。ある人物の一生を「劇」として振り返る形で派手に物語を進行させるという、物語の「形式美」を強く意識している商業作のロープラでは中々見られない大胆な手法が使…

『White Blue』感想

ピンク映画のような危うい緊張感を放つ「Blueシリーズ」の新作で、Lilim20周年記念作となる本作『White Blue』。このシリーズのユーザーが求めているであろう、男女の欲情と執念が交錯するアダルトエンタメならではの面白さが、すべてここにあり。 以下、ル…

『鎖-クサリ-』のすゝめ

サスペンスものの楽しみ方は人それぞれだけど、わたしの場合は恐怖感と嗜虐心の格闘に苛まれるスリルを味わうことだ。なんて物騒な言葉を使っているけど、別に好戦的な人間ではない。しかし、サスペンスものは確実に人が持つある種の内なる野性を解放してく…

古文と物語

髪はゆふゆふと肩の程に帯びて、かたちもすぐれ、たのみしき様なるを、其れよと見るに、きと胸がつぶれて、いと口惜しく見たてる程に、此の子の我が方を見おこせて、「いざなん、聖のある、おそろしきに」とて内へ入りにけり。 ーー『発心集』 受験生だった…

私が夜の京都の繁華街を好きになった理由

京都といえば、静寂で優雅な古都。繁華街という現代人の「堕落」の象徴は、この町には不相応に思われるかもしれない(いや、きっと不相応に違いないであろう)。しかし、私は京都においてもとりわけ夜の繁華街が好きだ。 堕落とは、すなわち人間の天性である。…